東京精密発條株式会社
【スクリューカバー標準寸法表】
■スクリューカバー寸法選定

下記の表は検討用標準寸法表です。次の6項目の寸法などをご連絡頂ければ、適正寸法品の選定、受け治具寸法仕様などを承認願図としてご提出いたします。
スクリューカバー寸法選定
@ ねじ・シャフト径(Φ)
A 有効作動長(L)
B 許容密着長(C)
C 許容大口径部外径(D2)
D 縦、横、使用状態
E 使用状況
■スクリューカバー受け治具寸法

●大口径部外径誤差=D2(−)0〜3m/m
●小口径部外径誤差=D1(+)0〜2m/m
●伸縮時の大、小、口径寸法変化=0〜3m/m

当社ではD2(外径)寸法表示は密着長時(MAX状態の時)に測定し、D1(内径)は有効作動長時(MIN状態の時)で寸法表示してあります。

・スクリューカバーは伸縮時、回転運動を伴いますので、
 あまりしっくりした両受皿は避けてください。
・承認願図指示寸法の受け治具をご使用ください。
  スクリューカバー寸法選定
■標準寸法表    
CAT No.
D1
L
W
D2
020-0200-020
20 200 20 36
020-0250-025
20 250 25 36
020-0300-030
20 300 30 36
020-0400-035
20 400 35 41
025-0200-025
25 200 25 39
025-0250-025
25 250 25 44
025-0300-030
25 300 30 44
025-0400-035
25 400 35 45
030-0200-025
30 200 25 48
030-0250-030
30 250 30 48
030-0300-035
30 300 35 49
030-0500-050
30 500 50 51
030-0750-050
30 750 50 60
035-0200-025
35 200 25 56
035-0250-030
35 250 30 56
035-0300-035
35 300 35 57
035-0500-050
35 500 50 60
035-0750-050
35 750 50 69
040-0200-030
40 200 30 59
040-0250-035
40 250 35 59
040-0300-040
40 300 40 60
040-0500-050
40 500 50 65
040-0700-060
40 700 60 68
040-1000-075
40 1000 75 72
045-0250-035
45 250 35 64
045-0300-040
45 300 40 64
045-0500-050
45 500 50 76
045-0700-065
45 700 65 76
045-1000-075
45 1000 75 83
045-1300-100
45 1000 100 83
045-1500-100
45 1500 100 88
050-0200-035
50 200 35 66
050-0250-040
50 250 40 67
050-0300-050
50 300 50 68
050-0500-050
50 500 50 81
050-0700-065
50 700 65 82
050-1000-075
50 1000 75 90
050-1300-100
50 1300 100 89
050-1500-100
50 1500 100 97
050-1800-100
50 1800 100 109
055-0200-040
55 200 40 70
055-0250-050
55 250 50 70
055-0300-050
55 300 50 72
055-0500-065
55 500 65 82
055-0700-075
55 700 75 83
055-1000-100
55 1000 100 87
055-1300-100
55 1300 100 94
055-1500-100
55 1500 100 102
055-1800-110
55 1800 110 109
 
CAT No.
D1
L
W
D2
060-0300-050
60 300 50 82
060-0500-075
60 500 75 84
060-0700-075
60 700 75 90
060-1000-100
60 1000 100 93
060-1300-100
60 1300 100 102
060-1500-100
60 1500 100 109
060-1800-110
60 1800 110 114
065-0300-050
65 300 50 87
065-0500-075
65 500 75 90
065-0700-075
65 700 75 97
065-1000-100
65 1000 100 100
065-1300-100
65 1300 100 110
065-1500-110
65 1500 110 112
065-1800-125
65 1800 125 111
070-0300-065
70 300 65 88
070-0500-075
70 500 75 95
070-0700-075
70 700 75 104
070-1000-100
70 1000 100 105
070-1300-100
70 1300 100 115
070-1500-125
70 1500 125 110
075-0300-065
75 300 65 92
075-0500-075
75 500 75 100
075-0700-100
75 700 100 99
075-1000-100
75 1000 100 112
075-1300-125
75 1300 125 109
075-1500-125
75 1500 125 115
080-0300-065
80 300 65 98
080-0500-075
80 500 75 107
080-0700-100
80 700 100 106
080-1000-110
80 1000 110 111
080-1300-125
80 1300 125 116
080-1500-125
80 1500 125 123
085-0300-075
85 300 75 101
085-0500-100
85 500 100 106
085-0750-110
85 750 110 111
085-1000-125
85 1000 125 114
085-1300-125
85 1300 125 124
090-0300-075
90 300 75 107
090-0500-100
90 500 100 111
090-0750-125
90 750 125 114
090-1000-125
90 1000 125 122
095-0300-075
95 300 75 114
095-0500-100
95 500 100 117
095-0750-125
95 750 125 119
095-1000-125
95 1000 125 127
100-0300-075
100 300 75 119
100-0500-100
100 500 100 122
100-0750-125
100 750 125 125
100-1000-125
100 1000 125 133

ページの先頭へ

■取付け及び使用上の注意
本品の機能を充分に発揮させて効果的にご利用頂くために、ご使用になる前に下記の注意事項を良くお読み下さい。

《定期注油 油切れは事故のもと》

潤滑性の良いオイル、又はグリスの御使用は潤滑・防錆・防塵合わせて耐久力効果を著しく高めます。
大型形状スクリューカバーには特に御使用をお願い致します。

《取付け上の注意》

@スクリューカバーは圧縮状態で梱包されており、バネ圧が大変強い為、組込みにあたり取扱いについては、
 充分にご注意下さい。
 また、止め帯を外す時に手で押さえにくい程のバネ圧を有しているサイズの製品もあります。《危険》
A組み込みに際し、出来るだけ密着に近い状態にてお取り付け下さい。
B絶対に完全分解状態(自由長)にしないで下さい。
Cスクリューカバーの作動は有効作動長以上に伸ばさないで下さい。
D打痕など外部からの強い衝撃により、スライドバネ圧のバランスがくずれる場合がありますので御注意下さい。
E縦型使用に際しては、大口径部側を上部になる様、セットして下さい。
 スクリューカバーに貼ってあるラベルの文字『SCREW COVER』の向きを合わせて御使用下さい。
F特に凝固、粘性の強いオイルは絶対に使用しないで下さい。
 潤滑性の良いオイルの部分付着の場合は、伸縮バランスを保つ為、全面ムラ無く塗布して下さい。

<お願い>
※移動中のハダカ製品の落下、取り付け中の傷、自由長状態飛び出しなど。微小傷付き製品の御使用は伸縮不良破損状態に繋がりますので、その様な状態の物の御使用はくれぐれも避けて下さい。


《定期点検》
@スクリューカバーの表面の油切れには充分ご注意下さい。
A油切れの場合は、《取付け上の注意》Fの実施をお願いします。
B油の塗布は、毎日1回程度の実施をお願いします。(当社出荷時使用油:COSMO ノンラストP1020)



このページを閉じる

Copyright© TOKYO SEIMITSU HATSUJO Co.,Ltd. All Rights Reserved.